スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ サーリープッタ966の解説

スッタニパータ サーリープッタ966の解説

966 病にかかり、餓(う)えに襲われても、また寒冷や酷暑(こくしょ)をも堪(た)え忍ぶべきである。かの〈家なき人〉は、たといそれらに襲われることがいろいろ多くても、勇気をたもって、堅固(けんご)に努力をなすべきである。

 

 

 

病にかかり、餓(う)えに襲われても、また寒冷や酷暑(こくしょ)の状態にあっても、完全なる中道を保ち両極端に偏ってはならない。かの〈家なき人〉は、たといそれらに襲われることがいろいろ多くても、勇気をたもって、堅固(けんご)に中道を保つ努力をなすべきである。そして聖者は、諸々の状態にあっても、環境に左右されることなく、自らの人間的思考の運動すなわち快⇔不快の運動を制して遂には彼の岸へ到達するのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です