スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 武器を執ること941の解説

スッタニパータ 武器を執ること941の解説

941 聖者は誠実であれ。傲慢(ごうまん)でなく、詐(いつわり)りなく、悪口を言わず、怒ることなく、邪(よこし)まな貪りと慳(ものおし)みとを超(こ)えよ。

 

 

 

聖者は、自らの人間的思考の運動を制してふるまえ。傲慢⇔消沈の運動による傲慢にならず、正⇔誤の二枚舌の運動による偽りを言うことなく、善⇔悪の運動による悪口を言うこともなく、正⇔邪の運動による邪(よこし)まな貪りと移り変わる無常の世を悟って、慳(ものおし)みとを超(こ)えよ。自らを取り巻く全ての人間的思考の運動を制して彼の岸に至るのである。

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です