スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 迅速928の解説

スッタニパータ 迅速928の解説

928 修行者は、非難されても、くよくよしてはならない。称讃されても、高ぶってはならない。貪欲(とんよく)と慳(ものおし)みと怒りと悪口とを除き去れ。

 

 

修行者は、非難されても、意気消沈してはならない。称讃されても、高ぶってはならない。この「高ぶり」⇔「消沈」と言う思考の運動は人間的思考である。この運動が起こると、称賛を求めて欲が起こり、称賛を継続したいがためにものおしみが起こる。非難されることにより、悪口が起こる。これは、全て人間的思考の運動によるものだと知れ。それを知って修行者は、貪欲(とんよく)と慳(ものおし)みと怒りと悪口とを除き去り、遂には、彼の岸へ到達するのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です