スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 迅速926の解説

スッタニパータ 迅速926の解説

926 多く眠ってはならぬ。熱心に努め、目ざめているべきである。ものぐさ(面倒くさがること)と偽(いつわり)りと談笑と遊戯と淫欲の交わりと装飾とを捨てよ。

 

 

 

修行者は、必要以上に眠らぬように気をつけ、自らの心に集中し熱心に、人間的思考の運動を制することに努め、人間的思考の運動を止めることをめんどくさがることなく、止めていないのに止めているようにいつわるることなく、人間的思考の運動を増長する談笑をせず、遊技をひかえ、快を求めて淫欲に走ることなく、装飾による心の運動を制せよ。人間的思考の運動による快を得れば、それは運動をするので、必ず逆のものが目の前に現れる。すなわちそれは苦である。それを知って聖者は、全ての人間的思考の運動を制して彼の岸へ至るのである。

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です