スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 迅速922の解説

スッタニパータ 迅速922の解説

921 〔質問者いわく〕、「眼を開いた人は、みずから体験したことがら、危難の克服、を説いてくださいました。ねがわくは、正しい道を説いてください。戒律規定や、精神安定の法をも説いてください。」

 

 

922 〔師いわく〕、「眼で視ることを貪(むさぼ)ってはならない。卑俗な話から耳を遠ざけよ。味に耽溺(たんでき)してはならない。世間における何ものをも、わがものであるとみなして固執してはならない。

 

 

人間には、人間的思考の運動に至る様々な感覚的感受がある。すなわち眼で視ることを「快⇔不快」に分け、貪(むさぼ)ってはならない。耳から入る情報を「快⇔不快」に分けることなく卑俗な話から耳を遠ざけよ。舌で感じる味を「快⇔不快」に分けることなく、味に耽溺(たんでき)してはならない。そして分けたものに執着をして世間における何ものをも、わがものであるとみなして固執してはならない。この世は変化する世界であるから、常住を願うこと、すなわち苦である。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です