スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 並ぶ応答ー長篇899の解説

スッタニパータ 並ぶ応答ー長篇899の解説

899 もしもかれが戒律や制戒を破ったならば、かれは〈戒律や制戒の〉つとめにそむいて、おそれおののく。(それのみならず、)かれは「こうしてのみ清浄が得られる」ととなえて望み求めている。たとえば隊商からはぐれた(商人が隊商をもとめ)、家から旅立った(旅人が家をもとめる)ようなものである。

 

 

もしもかれが戒律や制戒を破ったならば、かれは戒律や制戒のつとめにそむいて、不安な気持ちが立ち上がり、おそれおののく。それのみならず、かれは「こうしてのみ清浄が得られる」ととなえて望み求めて安心するのである。たとえば隊商からはぐれた商人が不安になり隊商をもとめ、家から旅立った旅人が家をもとめて見つけたときは安心するようなものである。かれらは、このように人間的思考の運動である「安心」⇔「不安」の運動を繰り返し、煩悩の荒波をつくってゆく。この二元の運動が煩悩の荒波である。修行者は、この両極端に偏った運動を制して、荒波を渡り終わり遂には、彼の岸へ到達し安穏を観たのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です