スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 死ぬよりも前に861の解説

スッタニパータ 死ぬよりも前に861の解説

861 かれは世間において〈わがもの〉という所有がない。また無所有を嘆くこともない。かれは〔欲望に促(うなが)されて〕、諸々の事物に赴(おもむく)くこともない。かれは実に〈平安なる者〉と呼ばれる。」

 

 

 

人間は、常に人間的思考(快⇔不快)の運動をしているので、快と感じるものを欲しては所有しようとそれを取る。所有すると執着を生むので、この無常の世では変化するたびに苦を生じるのである。そうして、次々に荒波をつくって行き平安は得られない。聖者は、世間においてわがものという所有がない。また無所有を嘆くこともない。かれは人間的思考(快⇔不快)の運動による欲望に促(うなが)されて、諸々の事物に赴(おもむく)くこともない。かれは実に平安なる者と呼ばれる。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です