スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 死ぬよりも前に859の解説

スッタニパータ 死ぬよりも前に859の解説

859 世俗の人々、または道の人・バラモンどもがかれを非難して(貪りなどの過(とが))があるというであろうが、かれはその(非難)を特に気にかけることはない。それ故に、かれは論議されても、動揺することがない。

 

 

人間的思考の人間は、常に運動をしているので、一方的な見方をしがちである。あるものが正しいと言うことをべつのものは間違いであるという。それぞれが、それぞれの立場あるいは、思考で一方的なものの見方をするものであるからかみあわないのである。それ故に世俗の人々、または道の人・バラモンどもが、かれを偏った見方で非難して貪りなどの過(とが)があるというであろうが、かれはその非難を特に気にかけることはない。かれは、かれ自身のことがよくわかっているからである。かれは、それぞれの見方をも熟知し、同調して運動することがない。それ故に、かれは論議されても、動揺することがないのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です