スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 死ぬよりも前に849の解説

スッタニパータ 死ぬよりも前に849の解説

848 「どのように見、どのように戒律をたもつ人が『安らかである』と言われるのか?ゴータマ(ブッダ)よ。おたずねしますが、その最上の人のことをわたしに説いてください。」

 

 

 
849 師は答えた、「死ぬよりも前に、妄執を離れ、過去にこだわることなく、現在においてもくよくよと思いめぐらすことがないならば、かれは(未来に関しても)特に思いわずらうことがない。

 

 

 

人間は、過去のことを思い出しては、「ああすればよかった」「こうすればよかった」と思いだしては、心が運動する。すなわち過去における自分は、このようにあれば、良い⇔悪いと言う人間的思考の運動なのである。現在においてもこの想いが巡り運動をする。そして、未来においても、この想いが運動をするので、心安らぐことはない。この運動によって禍福が作られるのである。運動をするので、良かったり悪かったりするのである。そしてその運動には、苦が伴う。それを知って、死ぬよりも前に、人間的思考の運動を静止し、妄執を離れ、過去にこだわることなく、現在においてもくよくよと思いめぐらすことがないならば、かれは未来に関しても特に思いわずらうことがないのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です