スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 最上についての八つの詩句798の解説

スッタニパータ 最上についての八つの詩句798の解説

798 人が何か或(あ)るものに依拠(いきょ、いぞん)して「その他のものはつまらぬものである」と見なすならば、それは実にこだわりである、と(真理に達した人々)は語る。それ故に修行者は、見たこと・学んだこと・思索したこと、または戒律や道徳にこだわってはならない。

 

 

 

人間は、何事についても人間的思考の両極端に分ける運動が存在する。そして、その荒波に溺れかかっているので、苦しい、苦しいから何かに依存しようとするのである。そして見たこと・学んだこと・思索したことにこだわり、依存する。また、戒律や道徳に関しても、人間的思考による反応の仕方で、戒律や道徳が守れれば快で、守れなければ不快と言う反応をしたりもする。自らが「これだ」と思うものに対して愛着をいだき、その他のものは排除しようとするならば、それは実に人間的思考によるこだわりである、と真理に達した人々は語る。それ故に修行者は、見たこと・学んだこと・思索したことを両極端に、これは正しいとかこれは間違いだとか分ける事なく、また、戒律や道徳による禍福を作ってはならない。そのこだわりが苦だと言うことを知って、平等に性智せよ。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です