スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 清浄についての八つの詩句792の解説

スッタニパータ 清浄についての八つの詩句792の解説

792 みずから誓戒(せいかい)をたもつ人は、想いに耽(ふけ)って、種々雑多なことをしようとする。しかし智慧ゆたかな人は、ヴェーダによって知り、心理を理解して、種々雑多なことをしようとしない。

 

 

 

人間的思考(快⇔不快)の想いにより、その想いを叶えるために誓戒(せいかい)をたもつ人は、想いに耽(ふけ)って、種々雑多なことをしようとする。すなわち、これをやれば、自分が望んだ事が叶うだろうと想って。しかし、智慧ゆたかな人は、人間的思考を止めて、智慧を獲得することによって知り、世の中の全てを理解して知るので、種々雑多なことをしようとしない。人間的思考の想いがある時は、そこには、運動がある。ああしい。こおうしたいである。その想いが叶えば快であるし、叶わなければ不快である。このような運動をしているものだと知れ。人間的思考の想いを叶えるために修行するのではない。聖者は、その運動を静止するものである。修行者もその人間的思考の想い、あるいは運動を静止して智慧を獲得するのだ。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です