スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 洞窟についての八つの詩句772の解説

スッタニパータ 洞窟についての八つの詩句772の解説

772 窟(いわや)(身体)のうちにとどまり、執着し。多くの(煩悩)に覆(おお)われ、迷妄(めいもう)のうちに沈没している人、ーこのような人は、実に(遠ざかり離れること)(厭離)(おんり)から遠く隔(へだ)たっている。実に世の中にありながら欲望を捨て去ることは、容易ではないからである。

 

 

 

 

人は、物質的な欲望すなわち人間的思考の運動(快⇔不快)にもとづいた欲望によって人間と言う動物の中にとどまり、多くの人間的思考の運動による欲求すなわち煩悩に覆われ、欲求が満たされたと想えば満たされず、迷いながら地の底に沈んでいる。この人間的思考の運動にもとづいた人々は実に、この物質的世界から遠ざかることからほど遠い場所に位置している。この物質世界に生まれて欲望を捨て去ることは容易ではないからである。人間的思考の欲求は、なぜ満たされないのか?運動するからである。この無常の世界での状態は、同じ状態が永遠に続くわけではない。必ず運動するので、一時的に満たされたとしても、それは永遠には続かないのである。それを知って修行者は、この物質的欲望から遠ざかることを学び、自らの人間的思考の運動に常に気をつけて、安らぎに至るのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です