スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 欲望766、767、768の解説

スッタニパータ 欲望766、767、768の解説

766 欲望をかなえたいと望んでいる人が、もしもうまくいくならば、かれは実に人間の欲するものを得て、心に喜ぶ。

 

 

 
767 欲望をかなえたいと望み貪欲(とんよく)の生じた人が、もしも欲望をはたすことができなくなるならば、かれは、矢に射られたかのように、悩み苦しむ。

 

 

768 足で蛇の頭を踏まないようにするのと同様に、よく気をつけて諸々の欲望を回避する人は、この世で執着をのり超える。

 

 

 

人間は、常に物事を快、不快に分ける運動をしている。そして快を貪り求め不快を排除しようとする。この快⇔不快の二元の運動をくり返しているのである。そして、快を得られたときにかれは実に人間的思考の欲するものを得て喜ぶ。これが人間的思考の喜びである。逆にそれを得ることができないならば、矢にいられたかのように苦しむのである。人間が求めている喜び、すなわち人間的思考の運動から来るところの喜び幸せは、本当の喜び幸せではない。この喜びには苦しみが付着していることを知って、賢明な修行者は、足で蛇の頭を踏まないようにするのと同様に、よく人間的思考の運動に気をつけ諸々の人間的思考の喜びを捨て(喜捨)この世の執着、煩悩の荒波をのり超えるのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です