スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  並ぶ応答ー小篇894の解説

スッタニパータ  並ぶ応答ー小篇894の解説

894 一方的に決定した立場に立ってみずから考え量(はか)りつつ、さらにかれは世の中で論争をなすに至る。一切の(哲学的)断定を捨てたならば、人は世の中で確執を起こすことがない。

 

 

 

自らの人間的思考の運動にもとづいて分けて行き一方的に決定した立場に立ってみずから考え量(はか)りつつ、さらにかれは世の中で論争をなすに至る。一切の哲学的断定を捨てたならば、人は世の中で確執を起こすことがない。人間的思考の運動に陥ると、2つに分けたもののうち一つを取り一つを排除しようとする。故に排除する課程で論争に及びまた、邪なはかりごとをする。まさに激流である。この運動を制したならば、論争に及ぶこともなく、邪な考えも起こらない。聖者は、荒波を制し、平安を保って世の中を渡り彼の岸へと到達するのである。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です