スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  並ぶ応答ー小篇892の解説

スッタニパータ  並ぶ応答ー小篇892の解説

892 ここ〈わが説〉にのみ清浄があると説き、他の諸々の教えには清浄がないと言う。このように一般の諸々の異説の徒はさまざまに執着し、かの自分の道を堅(かた)くたもって論ずる。

 

 

ここわが説にのみ清浄があると説き、他の諸々の教えには清浄がないと言う。このように一般の諸々の異説の徒は、人間的思考の運動により、さまざまな自らの考え方、あるいは見方に執着し、かの自分の執着した道を堅(かた)くたもって論ずる。修行上でも、「これだ」と想う心、それは、人間的思考であり、自らが、「これだ」と想うもの、いわゆる快と感じられるものを他の人々に強制し、それ以外のもの「不快」を排除しようとする。これは、まさに人間的思考の運動であると知れ。聖者は、諸々、巧みに立ち上がってくる人間的思考の運動にもよく気づき、自らの心の動きに集中して、遂には彼の岸へ到達するのである。

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です