スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  清浄についての八つの詩句791の解説

スッタニパータ  清浄についての八つの詩句791の解説

791 前の(師など)を捨てて後の(師など)にたより、煩悩の動揺に従っている人々は、執着をのり超えることがない。かれらは、とらえては、また捨てる。猿が枝をとらえて、また放つようなものである。

 

 

前の師などを捨てて後の師などにたよと言うことは、自ら人間的思考の運動を止める気がなく師などに何とかしてもらおうと頼り近づく。自らの運動は、他のものが止められるすべはなく、自らが気をつけるしかないのである。このように煩悩の動揺に従っている人々は、執着をのり超えることがない。かれらは、とらえては、また捨てる。猿が枝を頼りにとらえては、また放つようなものである。このように同様の事を繰り返し煩悩の激流に溺れていくのである。修行者は、気づかねばならない。この修行に信仰心は必要なく、頼って運動が止まるものではない。彼の岸へ渡る方法をよりどころとし、自らが自らの運動を制して渡り終えるのである。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です