スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  清浄についての八つの詩句790の解説

スッタニパータ  清浄についての八つの詩句790の解説

790(真の)バラモンは、(正しい道の)ほかには、見解・伝承の学問・戒律・道徳・思想のうちのどれによっても清らかになるとは説かない。かれは禍福に汚されることなく、自我を捨て、この世において(禍福の因を)つくることがない。

 

 

 

 

真の修行者は、人間的思考の運動を止めることのほかには、見解・伝承の学問・戒律・道徳・思想のうちのどれによっても清らかになるとは説かない。かれは禍福(幸、不幸)に汚されることなく、自我を捨て、この世において禍福の因をつくることがない。人間的思考の運動をすると快、不快にものごとを分ける。分けるとそれは振り子のような運動をするので、快を追い求め掴んだとしても、全く逆の方へと運動し、同等の不快がかれに襲いかかるのである。これが禍福の因である。そしてこの運動を止めていない状態が、禍福に汚されている状態である。それを知って修行者は、自らの人間的思考の運動を止めて遂には禍福(煩悩の荒波)を乗り越え彼の岸へ到達するのである。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です