スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ マーガンディヤ841の解説

スッタニパータ マーガンディヤ841の解説

840 マーガンディアが言った、「もしも、『教義によっても、学問によっても、知識によっても、戒律や道徳によっても清らかになることができない』と説き、また『教義がなくても、学問がなくても、知識がなくても、戒律や道徳を守らないでも、清らかになることができない』と説くのであれば、それはばかばかしい教えである、とわたくしは考えます。教義によって清らかになることができる、と或る人々は考えます。」

 

 
841 師は答えた、「マーガンディアよ。あなたは(自分の)教義にもとづいて尋(たず)ね求めるものだから、執着したことがらについて迷妄(めいもう)に陥(おちい)ったのです。あなたはこの(内心の平安)について微(かす)かな想いさえもいだいていない。だから、あなたは(わたくしの説を)『ばかばかしい』と見なすのです。

 

 

 

841 師は答えた、「マーガンディアよ。あなたは自分の固定観念にもとづいて尋(たず)ね求めるものだから、二元に分けて執着したことがらについて迷妄(めいもう)に陥(おちい)ったのです。あなたはこの二元の思考を止めることについて微(かす)かな想いさえもいだいていない。だから、あなたはわたくしの説『ばかばかしい』と見なすのです。人間には、記憶がある。その人間的思考にもとづき分別をした記憶によってこれが正しいとか、これは間違いだとかの分別をする。その時点ですでに人間的思考の運動に陥っているのである。修行者はその思考の運動こそ禍福の根源だと言うことを知って、その運動を制して、安穏を観たのである。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です