スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  欲望769、770の解説

スッタニパータ  欲望769、770の解説

769 ひとが、田畑、宅地、黄金、牛馬、奴婢(ぬひ)、僱人(やといにん)、婦女、親族、その他いろいろの欲望を貪り求めると、

 

770 無力のように見えるもの(諸々の煩悩)がかれにうち勝ち危い災難がかれをふみにじる。それ故に苦しみがかれにつき従う。あたかも壊(やぶ)れた船に水が浸入するように。

 

 

ひとが、田畑、宅地、黄金、牛馬、奴婢(ぬひ)、僱人(やといにん)、婦女、親族、その他いろいろの欲望を貪り求めると、それを手に入れたとしても、この無常の世では運動をするので、無力のように見えるもの(諸々の煩悩)がかれにうち勝ち危い災難(かれが考える全く逆のもの)がかれをふみにじる。それ故に苦しみがかれにつき従う。あたかも壊(やぶ)れた船に水が浸入するように。それを知って、修行者は、人間的思考の運動による好き嫌いに分けた運動を制し、人間的思考の運動を制し苦を回避せよ。例え好きなものを得たとしても、それは運動をするので、全く逆のもの嫌いがかれについてまわるのである。故に人間的思考の運動による喜びを捨てることが肝要である。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です