スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  武器を執ること 937の解説

スッタニパータ  武器を執ること 937の解説

937 世界はどこも堅実(けんじつ)ではない。どの方角でもすべて動揺している。わたくしは自分のよるべき住所を求めていたのであるが、すでに(死や苦しみなどに)とりつかれていないところを見つけなかった。

 

 

世界はどこも中道ではない。どの方角でもすべて運動している。わたくしは自分のよるべき住所を求めていたのであるが、すでに死や苦しみなどにとりつかれていないところを見つけなかった。人間的思考の運動によって人は、執着をする。その苦しみ、禍福による苦しみ、その念が、あらゆるところに、存在しているのである。人は、この人間駅思考の運動によって苦しみ、それに気づかず迷い彷徨う。その念に触れると同調してゆく、そうして、また人間的思考の運動を繰り返すのである。ゆえに修行者は、自らの人間的思考の運動に常に気をつけ、存在する念に同調することもなく中道を保ち彼の岸へと到達せよ。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です