スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  武器を執ること 935の解説

スッタニパータ  武器を執ること 935の解説

935 殺そうと争闘する人々を見よ。武器を執(と)って打とうとしたことから恐怖が生じたのである。わたくしがぞっとしてそれを厭(いと)い離れたその衝撃を宣(の)べよう。

 

 

 

 

殺そうと争闘する人々を見よ。武器を執(と)って打とうとしたことから自らも打たれる恐怖が生じたのである。わたくしがぞっとしてそれを厭(いと)い離れたその衝撃を宣(の)べよう。争闘する人々もまた人間的思考の運動をしているのである。それは、打ち⇔打たれるである。それは運動をするので、あるときは打ちあるときは打たれる。それは、たとえ打ったとしても、必ず打たれると言う逆の現象がついてまわるのである。人間的思考の運動による欲望には必ず逆の恐怖がついてまわることを知って、修行者よ、人間的思考の運動を制して中道を歩め。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です