スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇 912の解説

スッタニパータ  並ぶ応答ー長篇 912の解説

912 聖者はこの世で諸々の束縛(そくばく)を捨て去って、論争が起ったときにも、党派にくみすることがない。かれは不安な人々のうちにあっても安らけく、泰然として、執することがない。ー他の人々はそれに執着しているのだが。-

 

 

 

聖者はこの世で諸々の人間的思考の運動(快⇔不快)による束縛(そくばく)を捨て去って、論争が起ったときにも、どちらかを選んで党派にくみすることがない。かれは不安な人々すなわち人間的思考の運動がもたらす動揺する人々のうちにあっても安らけく、泰然として、執することがない。ー他の人々はそれに執着しているのだが。-それを知って修行者は、自らの人間的思考の運動を制して、禍福をも制して彼の岸へと向かうのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です