スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  並ぶ応答ー小篇888の解説

スッタニパータ  並ぶ応答ー小篇888の解説

888 反対者を〈愚者〉であると見なすとともに、自己を〈真理に達した人〉であるという。かれはみずから自分を〈真理に達した人〉であると称しながら、他人を蔑視し、そのように語る。

 

 

 

反対者を〈愚者〉であると見なすとともに、自己を〈真理に達した人〉であるという。かれはみずから人間的思考の運動(優⇔劣)により自分を〈真理に達した人〉であると称しながら喜び、他人を蔑視しては喜ぶ、修行するものはよく気をつけよ、これが人間的思考の運動であり、人間的思考の運動をしている人々の反応の仕方である。他人が劣れば聖者になるわけではない。また他人が勝れているからと言って聖者になれないわけではない。そのような反応の仕方を制したもの、かれこそは聖者と呼ばれるのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です