スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  死ぬよりも前に855の解説

スッタニパータ  死ぬよりも前に855の解説

855 平静であって、常によく気をつけていて、世間において(他人と自分と)等しいとは思わない。また自分が勝(すぐ)れているとも思わないし、また劣(おと)っているとも思わない。かれには煩悩(ぼんのう)の燃え盛(さか)ることがない

 

 

 

 

心の運動は平静であって、自らの人間的思考の運動に対して常によく気をつけていて、人間的思考の運動である喜⇔悲の運動を制して、世間において他人と自分と等しいとは思わない。また自分が勝(すぐ)れているとも思わないし、また劣(おと)っているとも思わない。全てにおいて人間的思考の運動を制したかれには煩悩(ぼんのう)の燃え盛(さか)ることがない。人が人と比較対照するときそこには人間的思考の運動が渦巻く、勝れていると思えば喜び、劣っていると思えば悲観するのである。その両極端を追い求めて人は煩悩の激流を作り自らが溺れるのである。それを知って聖者は、人間的思考の運動を制して激流を渡り終わり遂には彼の岸へと到達したのである。

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です