スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  マーガンディヤ843の解説

スッタニパータ  マーガンディヤ843の解説

843 そのバラモンはどうして『(わが説は)真実である』と論ずるであろうか。またかれは『(汝の説は)虚偽(きょぎ)である』といって誰と論争するであろうか?『等しい』とか『等しくない』とかいうことのなくなった人は、誰に論争を挑(いど)むであろうか。

 

 

その人間的思考の運動を制しているバラモンはどうして『(わが説は)真実である』と論ずるであろうか。またかれは『(汝の説は)虚偽(きょぎ)である』といって誰と論争するであろうか?『等しい』とか『等しくない』とかいう運動のなくなった人は、誰に論争を挑(いど)むであろうか。論争はまさしく人間的思考の運動である。この運動は真実⇔虚偽と言った運動であり、等しい⇔等しくないと言う運動である。運動であるから、真実と思う想いも運動し、疑わしくなるのである。また、等しいと感じていたものがあるとき、その想いも運動し等しくないと感じるようになる。そうして、迷いの流転に飲み込まれるのである。さらに運動により心の中は激流である。振り子のように、あるときは正しく見え、またあるときは、誤りに見える。それを知って、修行者は、人間的思考の運動を制し、論争に挑まないのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です