スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  マーガンディヤ835の解説

スッタニパータ  マーガンディヤ835の解説

835 (師(ブッダ)は語った)、「われは(昔さとりを開こうとした時に)、愛執と嫌悪(けんお)と貪欲(とんよく)(という三人の魔女)を見ても、かれらと淫欲の交わりをしたいという欲望さえも起らなかった。糞尿に満ちたこの(女が)そもそも何ものなのだろう。わたくしはそれに足でさえも触(ふ)れたくないのだ。」

 

 

 

師(ブッダ)は語った、「われは昔さとりを開こうとした時に、愛執と嫌悪(けんお)と貪欲(とんよく)という三人の心に潜む煩悩を観た。一人は、愛⇔憎の人間的思考の運動であり、もう一人は、好⇔嫌の人間的思考の運動である。さらにもう一人は、人間的思考の運動にもとづいた欲にまみれている魔界のの領域に住む女を見ても、かれらと淫欲の交わりをしたいという欲望さえも起らなかった。煩悩に満ちたこの女がそもそも何ものなのだろう。わたくしはそれに足でさえも触(ふ)れたくないのだ。世の中の人々は、名称と形態とを見て分別をするが、聖者は、名称と形態にはとらわれず分別することはない。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です