スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  パスーラ828の解説

スッタニパータ  パスーラ828の解説

828 これらの論争が諸々の修行者の間に起ると、これらの人々には得意と失意とがある。ひとはこれを見て論争をやめるべきである。称賛を得ること以外には他に、なんの役にも立たないからである。

 

 

これらの論争が諸々の修行者の間に起ると、これらの人々には得意と失意とがある。これは、人間的思考の得意⇔失意の運動である。ひとはこれを見て論争をやめるべきである。一時的な称賛を得ること以外には他に、なんの役にも立たないからである。運動が起こると人は、称賛を得ようと貪り求める。そしてあるときは称賛され、またあるときは打ちのめされる。まさに心の中は激流である。修行者は、こころの安穏を保つものであって両極端を求めるものではない。彼の聖者はそれを知って人間的思考の運動による喜び(称賛)を制し論争に近づくことはない。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です