スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  ティッサ・メッテイヤ814の解説

スッタニパータ  ティッサ・メッテイヤ814の解説

814 ティッサ・メッテイヤさんが言った、ー「きみよ。淫欲の交わりに耽(ふけ)る者の破滅を説いてください。あなたの教えを聞いて、われらも独り離れて住むことを学びましょう。」

 

 

815 師(ブッダ)は答えた、「メッテイヤよ。淫欲の交わりに耽る者は教えを失い、邪(よこしま)な行いをする。これはかれのうちにある卑(いや)しいことがらである。

 

 

 

師(ブッダ)は答えた、「メッテイヤよ。快にとらわれて、淫欲の交わりに耽る者は、人間的思考の運動(快⇔不快)を制する教えを失い、目、耳、舌、身、意、全てが二元(快⇔不快)にもとづいた邪(よこしま)な行いをする。これはかれのうちにある卑(いや)しい、人間的思考の運動、すなわち動物的な反応の仕方によることがらである。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です