スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  清浄についての八つの詩句789の解説

スッタニパータ  清浄についての八つの詩句789の解説

789 もしも人が見解によって清らかになり得るのであるならば、あるいはまた人が智識によって苦しみを捨て得るのであるならば、それは煩悩にとらわれている人が(正しい道以外の)他の方法によっても清められることになるであろう。このように語る人を「偏見ある人」と呼ぶ。

 

 

 

もしも人が人間的思考の運動による見解によって清らかになり得るのであるならば、あるいはまた人が分別した智識によって苦しみを捨て得るのであるならば、それは煩悩の荒波に飲み込まれている人がその荒波を止めること以外の他の方法によっても清められることになるであろう。このように語る人を「人間的思考の運動をしている偏見ある人」と呼ぶ。人は常に人間的思考の運動により、快、不快に分別し自らが快と感じたものを正しいとみているのである。また、知識によって自分の運動が止まるわけではない。常に気をつけ自らの運動を制している修行者の運動が制止し煩悩の荒波を渡り終え遂には彼の岸へと到達するのである。

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です