スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ  学生バドラーヴダの質問1104の解説

スッタニパータ  学生バドラーヴダの質問1104の解説

1104 それ故に、修行者は明らかに知って、よく気をつけ、全世界においてなにものをも執してはならない。ー死の領域に愛着を感じているこの人々を〈取る執著ある人々〉であると観(み)て。」

 

 

それ故に、修行者は苦の根源が、人間的思考の運動によるものだと明らかに知って、自らの反応の仕方によく気をつけ、全世界においてなにものをも執してはならない。ー死の領域に愛着を感じているこの人々、すなわち想いによってまた、生まれ変わりたいと想う人々を人間的思考の運動による執著ある人々であると観(み)て。人は、人間的思考の想いによって、この無常であり変化あるこの世に生まれてくる。変化ある世界で人は常住を求めるのであるから、必ず苦を生じる。そう、この世は苦の世界なのである。そして、必ず死ぬ世界でもある。修行者よ、この世界に執着を生じてはならない。そして、彼の岸へ到達せよ。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です