スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 並ぶ応答ー長篇904の解説

スッタニパータ 並ぶ応答ー長篇904の解説

904 かれらは自分の教えを「完全である」と称し、他人の教えを「下劣である」という。かれらはこのように互いに異なった執見をいだいて論争し、めいめい自分の仮説を「真理である」と説く。

 

 

 

かれらは自分の教えを「完全である」と称し、他人の教えを「下劣である」という。完全⇔下劣という人間的思考の運動である。かれらはこのように互いに異なった執着したそれぞれの見方をいだいて論争し、めいめい自分の仮説を「真理である」と説く。しかしながら人間的思考の運動のうちにあるのである。人間的思考の運動をしている限り煩悩の荒波のうちにあり、めいめいがおぼれかかっているのである。聖者は、こだわらず、排除せず、この運動を止めるものである。そして遂には、自らの偏った見方を制して平等承知へ至るのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です