スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 並ぶ応答ー長篇901の解説

スッタニパータ 並ぶ応答ー長篇901の解説

901 あるいはぞっとする苦行にもとづき、あるいは見たこと、学んだこと、思索したことにもとづき、声を高くして清浄を賛美するが、妄執を離れていないので、移りかわる種々なる生存のうちにある。

 

 

 

あるいはぞっとする苦行にもとづき、あるいは見たこと、学んだこと、思索したことにもとづき、声を高くして清浄を賛美するが、人間的思考の運動により何かを「掴み」あるいは、何かを「失う」妄執を離れていないので、移りかわる種々なる生存のうちにあり、この「掴み」⇔「失う」の運動を繰り返す。すなわち何かを掴んだときにかれは心が高ぶり、失ったときに消沈する。このような人間的思考の運動であると知れ。そして何かを掴んだ生存状態に執着をして、また生まれてくるのである。それを知って修行者は、自らの人間的思考の運動に常に気をつけ、荒波を制して彼の岸へと向かうのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です