スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 並ぶ応答ー小篇887の解説

スッタニパータ 並ぶ応答ー小篇887の解説

887 偏見や伝承の学問や戒律や誓いや思想や、これらに依存して(他の説を)蔑視(べっし)し、(自己の学説の)断定的結論に立って喜びながら、「反対者は愚人である、無能な奴だ」という。

 

 

 

人間的思考の運動を止めきれないものは、自らの快⇔不快の運動による好みにもとづいて偏見や伝承の学問や戒律や誓いや思想や、これらに依存して他の説を蔑視(べっし)し、自己の学説の断定的結論に立って喜びながら、「反対者は愚人である、無能な奴だ」という。すなわち二元の運動で快に振れている部分では喜び、反対のものを排除しようとする。まさに人間的思考の運動である。この運動をすると、二元の運動をするので、喜び苦しみが交互にかれに襲いかかる。あるときは、喜び、また、あるときは苦しむのである。修行者はこの運動が苦のもとだと言うことを知って、この運動に常に気をつけ、煩悩の荒波を渡り終えるのだ。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です