スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 並ぶ応答ー小篇882の解説

スッタニパータ 並ぶ応答ー小篇882の解説

882 諸々の愚者が相互に他人に対して言うことばを聞いて、わたくしは「これは真実である」とは説かない。かれらは各自の見解を真実であるとみなしたのだ。それ故にかれらは他人を「愚者」であると決めつけるのである。

 

 

 

人が論争に及ぶとき、一方的な見方をする。その一方的な見方から見れば、いかにも真実のように聞こえるのだが、他の見方では、それは真実ではない。故にぶつかり合うのである。諸々の愚者が相互に他人に対して言うことばを聞いて、わたくしは「これは真実である」とは説かない。かれらは各自の見解を真実であるとみなしたのだ。それ故にかれらは他人を「愚者」であると決めつけるのである。自らの考えにこだわり執着をすることそれは、人間的思考である。聖者は、それは人間的思考であると知って、自らの一方的な見方を取り除き全ての見方を知ることによって理を知り遂には大円境地に至るのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です