スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ マーガンディヤ845の解説

スッタニパータ マーガンディヤ845の解説

845 竜(修行完成者)は諸々の(偏見)を離れて世間を遍歴するのであるから、それらに固執して論争してはならない。たとえば汚れから生(は)える、茎に棘(とげ)のある蓮(はす)が、水にも泥にも汚されないように、そのように聖者は平安を説く者であって、貪(むさぼ)ることなく、欲望にも世間にも汚されることがない。

 

 

 

修行完成者は、諸々の偏った見方を離れて、世間を遍歴するのであるから、それら、世間における人間的思考の運動に同調して論争してはならない。たとえば汚れから生える茎にとげのある蓮が、水にも泥にも汚されないように、そのように聖者は、人間的思考の運動を静止するものであって、人間的思考(称賛⇔非難)の運動による論争に陥って称賛という我欲を貪り求めてはならない。自らの人間的思考の運動による欲にも汚されず、世間にはびこる誘惑にも汚されることなく、世の中を遍歴する。それが聖者だと呼ばれる。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です