スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ マーガンディヤ837の解説

スッタニパータ マーガンディヤ837の解説

836 (マーガンディヤいった)、「もしもあなたが、多くの王者が求めた女、このような宝、が欲しくないならば、あなたはどのような見解を、どのような戒律・道徳・生活法を、またどうような生存状態に生まれかわることを説くのですか?」

 
837 師は答えた、「マーガンディヤよ。『わたくしはこのことを説く』、ということがわたくしにはない。諸々の事物に対する執着を執着であると確かに知って、諸々の偏見における(過誤(かご)を)見て、固執することなく、省察しつつ内心の安らぎをわたくしは見た。」

 

 

一つの見解にこだわって、このことを説くと言う思考が聖者には存在しない。諸々の事物に対する偏った見方を明らかに執着であると知って、その偏った見方すなわち人間的思考(快⇔不快)の運動による偏った見方に執着する事は、過ちだと知って、その運動を考察しつつ内心の安らぎをわたしは見たのである。こだわりは人間的思考である。こだわりによって周りの人間を自分の理想に染めようとする思考もまた人間的思考である事を知ってそれを取り除くのだ。そのこだわりは、かれにとっては快である。その見方以外は、かれにとっては、不快なのである。不快であるからその見方以外の考え方を排除しようと考えるのである。このような運動であると知れ。修行者は、こだわりには苦がつきまとうことを知って、その運動を制止して遂には安穏に至るのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です