スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 老い806の解説

スッタニパータ 老い806の解説

806 人が「これはがわがものである」と考える物、ーそれは(その人の)死によって失われる。われに従う人は、賢明にこの理(ことわり)を知って、わがものという観念に屈してははらない。

 

 

 

人が「わがものである」と考える物それは、我が身であり、我が心であり、あるいは、自らが欲して取得したものである。この変滅する世の中においては、一時的に自分が所有することとなっても、必ず失われるのであるから、執着してはならない。そこに執着が生まれると、それと同時に苦が生じる。「わがもの」に執着してやまない人間には、苦がつきまとうのである。修行者は、なぜ苦は生じるのかをよく知って、執着をしてはならない。修行の道それは、苦・集・滅・道である。すなわち苦を集めている元を滅する道なのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です