スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 悪意についての八つの詩句783の解説

スッタニパータ 悪意についての八つの詩句783の解説

783 修行僧が平安となり、心が安静に帰して、戒律に関して「わたくしはこのようにしている」といって誇ることがないならば、世の中のどこにいても煩悩のもえ盛ることがないのであるから、かれは〈高貴な人〉である、と心理に達した人々は語る。

 

 

 

 

修行僧が人間的思考の運動である両極端を離れ平安となり、心が安静に帰して、戒律に対しても「わたくしはこのようにしている」といって誇ることがないならば、世の中のどこにいても煩悩のもえ盛ることがない。誇ることは人間的思考である。修行者が気をつけねばならないこと、それは、修行の過程においても、むろん快⇔不快の運動に気をつけなければならない。修行過程を誇らしげに言い振らし、他の者から、「素晴らしい修行ですね」と言うような、耳からの感受による快を求める行為は人間的思考である。その運動にも気をつけ煩悩の激流を渡り終わった修行者。かれこそは、高貴な人と呼ばれるであろう。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です