スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 洞窟についての八つの詩句779の解説

スッタニパータ 洞窟についての八つの詩句779の解説

779 想いを知りつくして、激流を渡れ。聖者は、所有したいという執着に汚されることなく、(煩悩の)矢を抜き去って、つとめ励んで行い、この世をもかの世をも望まない。

 

 

 

自らの反応の仕方を知りつくして、激流を渡るのだ。聖者は、両極端の反応の仕方をしない。所有したいという執着に汚されることなく、過去の記憶による煩悩の矢も抜き去って、現在も常に反応の仕方に気をつけ、現世で、人間的思考にもとづいた望み、生まれ変わったらこうなりたいと望むことはない。人は思う今は苦しい、苦しいけれどもがんばれば、望みはかなう。それが人間的思考なのである。人は、苦⇔楽の運動をする。それを知っているのだ。知っていて止めようとしない。修行者は、それを知って、人間的思考の運動を止めて、人間的思考が作り出す激流を渡り終え遂には彼の岸へ到達するのである。

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です