スッタニパータ

スッタニパータは、お釈迦様が実際にお話しされたことばです。

suttanipata

info@suttanipata.com

スッタニパータ 洞窟についての八つの詩句778の解説

スッタニパータ 洞窟についての八つの詩句778の解説

778 賢者は、両極端に対する欲望を制し、(感官と対象との)接触を知りつくして、貪ることなく、自責の念にかられるように悪い行いをしないで、見聞することがらに汚されない。

 

 

 

賢者は、人間的思考による両極端に対する欲望を制し、感受器官と対象との反応の仕方を知りつくして、貪ることなく、それを得るために自責の念にかられるような悪い行ないをしないで、目の前に現われることがらに対して、両極端の反応をしない。欲望が立ち上がると言うことは、目の前に現われる対象に対して、人間的思考の運動による反応すなわち快、不快で判断しているのである。それを、知りつくすとは?どのような場合に自分は、不快の反応をし、どのような場合に快の反応をしているかに気づく事である。それに気づいて、反応の仕方を変えてゆく。この快、不快という両極端の反応の仕方をしない。どういうことか?ありのままに観るわけである。反応の仕方が変わってくれば、目の前に現われてくることがらに汚されなくなる。すなわち一時的な想いによって迷うことはなくなるのである。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です